So-net無料ブログ作成

普通二種免許の取得 ~実技編~ 本試験 [二種免許]

自信があろうと無かろうと予約した日は確実に来ます。
そんな訳でいよいよ本試験。再び府中の試験場へ行き、実技の本試験に臨みます。

試験場では別の学校ながら同じコースで練習した顔見知り2人と出会い、何となく心強い気がしました。

私の時は、普通2種の受験は3人。つまり顔見知り2人と私だけです。検定官から試験の説明を受け、
まずは場内での鋭角と方向変換を行います。顔見知り2人が車に乗り、私は待合室で待機。

すぐに帰ってきたので車の後部座席に乗り込み、後部座席にいた人が運転席へ、運転していた人は待合室へ。
鋭角と方向変換が終わったのを見て、次は私の番。運転席に移動し、待合室にいた人が後部座席に乗ります。

鋭角はP角と呼ばれるところに逆方向から入ると言う、予想を裏切る右鋭角。慎重に2回切り返して脱出成功。
続いて方向変換は切り返しなしで脱出。

指定位置に着けると検定官が「では○○さんも路上試験を行います。十分ほど休憩をしますので、トイレ等を
済ませておいてください。」と言われ、場内は無事合格した事を知りました。

休憩中、トイレで検定官と少し話しをしたところ、思いがけないところで共通な事があったりして、
少し期待できます。少なくとも不利にはならないはず(笑)。

さて緊張の路上試験です。顔見知り2人が先に行い、私は3番目。事前に得ていた情報ではかなり拙い走り
をしてしまいました。安全確認とかちょっとまずかったなぁと。コース自体は馴れていて、「この辺で指定される
かな」とか、「そろそろ止めてくれと言われるかな」と余裕もあるにはあったのですが。

検定終了後、待合室に連れて行かれ、「皆さん素晴らしい出来でした。今年一番だと思います。コースは走り込まれたのですか?」と言われ、「はぁ、まぁかなり・・・」と答えると、「そうでしょうね、とても初めての走りとは思えませんでした。」との事。

その場で簡易合格証を貰って、正式な合格発表を待合室で待ちます。
どうやら検定では、致命的なミスがなければ合格になるようです。例えば一時停止しなかったとか・・・。
何回も落ちた人が居るのですが、いったい何をやったのか少しきになります(笑)。

さて、その後は免許の作成となり、完成を待つ間に学校と会社に電話。学校は「ではこれで終了です」で終わってしまい、会社からは今後の指示が。しかし、何となく日付がおかしい事に気が付き、再度問い合わせると最初の指示が間違っていた事が判明。危ないところでした。

かくして無事に普通二種免許を取得。(何故かAT限定ですけどね)

そしてさらなる試練が(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


-天気予報コム-

-占い-